許されない一夜の情熱

許されない一夜の情熱

ケイティは、亡くなった姉の元夫アダムから驚くべき告白を受けた。姉が遺した凍結卵子で代理出産を計画している─そう聞いて、たまらず代理母に名乗り出たケイティ。信頼できる女性は私よりほかいない。こうして関わらなければ、生まれてくる子供をアダムに独占されてしまうかもしれない。この裕福で美しい義兄は、姉を富に溺れさせて家族からひき離したのだから…。ケイティの決断は最良に思えた。彼女が義兄の魅力に屈し、過ちの夜を迎えてしまうまでは…。
暗黒王子の白き花嫁

暗黒王子の白き花嫁

ルシアーナは王女であることを隠したまま、旅先で出会った美しい男性セインと恋に落ちた。一般人として最初で最後の恋、彼にならバージンを捧げてもいい…。ルシアーナは彼にその身を捧げるが、セインが敵国ガランシア国の王子だと気づき、涙をのんで姿を消す…妊娠しているとも知らずに。その後、父と契約を交わした彼女は5年間だけ母子で過ごすことを許される。ついに来てしまったのね…彼に告げぬまま彼の息子を守るため、好きでもない男に身を差しだす日が──。
突然のプロポーズ

突然のプロポーズ

ローズは事故で夫を亡くして以来、小さな村でひっそりと暮らしていた。ある日、彼女の前に大柄のハンサムな男性サム・ホートンが現れる。ローズを子供扱いする彼は、娘とこの土地に越してきたばかりの弁護士だと言う。不意をつかれて彼に熱く抱きしめられ、ローズはサムを強く意識するようになるが、夫の死が心に暗い影を落としたままで、素直に恋に向きあえずにいた。一方サムも、ローズに接近したのは純粋な好意からだけではなかった。彼はある使命を負っていたのだ。
花婿を追え!

花婿を追え!

過保護な父親から逃れ、お堅い司書の自分を変える…そのためには今までしたことのない冒険が必要なの。期待を胸に車でひとり旅に出たイーデンの前に、突然タキシード姿の男性が現れた。「頼む、乗せてくれ!」彼のうしろには罵声とともに彼を追いかける人々、飛んでくるお米と花びら。なんて非日常的なの!? 冒険の始まりにふさわしいわ! 男性…ライリーに運転をまかせるイーデンだったが、彼の経営するホテルにつれて行かれなぜか彼の花嫁を演じることになり!?
銀の匙を落とした幼姫

銀の匙を落とした幼姫

ロウェナはメイドの身分でありながら、伯爵家の次男マーカスを密かに慕っていた。彼は幼い頃、花園に捨てられていた赤子のロウェナを拾い、<輝く喜び>を意味するその名を与えてくれた恩人。今は軍人になり戦地にいるマーカスの帰りを、ロウェナは彼方まで見渡せる琥珀の瞳で港を眺めながら、いつも願っていた。だが稀有な瞳に目をつけたマーカスの異母兄は、ロウェナを悪の道へとひきずりこんでいく…。奇しくも帰還したマーカスに悪事の現場を目撃されてしまい…!?
竪琴を奏でる騎士

竪琴を奏でる騎士

エリザベスは駆け落ちした従姉妹の身代わりとして、城主であるレイモンの花嫁に…。両親亡きあと13年間、修道院で虐げられてきた彼女にとって、結婚とは地獄のような暮らしから逃れ、新しい家族を作るための唯一の手段だった。誰からも恐れられているレイモンの冷酷な眼差しに怯えながらも、運命に従い彼にバージンを捧げたエリザベス…。ともに暮らすうちに垣間見せる彼の誠実さと優しさに気づきはじめるが、城内の噂でレイモンが実は前妻を殺したと聞いてしまい!?
傲慢なボスに片想い

傲慢なボスに片想い

ずっと憧れていた彼にこんなことを言わなければならないなんて! 秘書のバージニアはボスのマルコスに、父の借金を返すため給料の前借りと支援を頼みこんだのだ。ああ、消えてしまいたい。それにきっと断られるわ。ところがなんとマルコスは恋人役を演じることを見返りに受け入れてくれた。そのうえ愛しあうかのように抱き寄せられ、彼女の胸はときめいた。だが出張先に美しい女性が現れ、すべてを悟った。彼は恋人に嫉妬させるために私をつれて来たのね――…。
信頼ゲーム

信頼ゲーム

クリスタは、口の上手な男にだまされ、人生を台無しにされた親友を見ていた。そのため彼女は、口のうまい男を憎むようになっていた。ある日、彼女の所属する会議所に講師として招かれたダニエルは、まさにこのタイプだと思われた。彼は相手を信頼するゲームこそが、ビジネスに役立つのだと言うのだ。そんなあやしげな理論と、いきり立つクリスタにダニエルは1か月、彼の研修を受けるよう提案する。成り行き上、その研修を受けるハメになってしまうのだが…!!
失われた記憶-契約結婚

失われた記憶-契約結婚

目覚めた瞬間、サマンサは目の前の男性に驚いた。なんてやさしげでハンサムな人…でも彼は誰? ここはどこなの? サマンサは医師から、事故で記憶を失っていること、さらに目の前にいる男性ギャリックは夫で、彼の子を妊娠していることも告げられた。こんな素敵な人と私は愛しあっていたなんて…! ときめきと幸せで胸をいっぱいにするサマンサは知る由もなかった。過去に恐ろしい真実が隠されており、彼とはまだキスもしていない関係だということは――。
二人で甘い夢を

二人で甘い夢を

一族が経営する老舗ホテルの主任シェフ、ルースは厨房で自暴自棄にお酒を飲んでいた。いとこは全員結婚し独り身なのは私だけ。ボーイフレンドにもフラれ…私だって結婚したい! そんな時、目の前にとびきりハンサムな男性ロバートが現れた。話してみると趣味も何もかもぴったり。こんな人初めて! 運命のいたずらも手伝い、彼と一夜をともにしてしまうルース。が、翌日、ロバートの正体を知って仰天した。うちのホテルを買収しようとしている大企業の人間ですって!?
めぐりあいの絆

めぐりあいの絆

「復讐したければ彼を雇え」と噂される、シドニーで一番危険な弁護士ゼイヴィアは、カーリの同業者で元夫で人生最大の汚点。しかし彼と5年ぶりに偶然再会し、流されて一夜をともにしてしまう。愚かな欲望の結末は、思いもよらない妊娠。しかたなくゼイヴィアに打ち明けると、あろうことか彼は復縁を提案してきて…。カーリは別れた理由を忘れられず、頑なに拒んだ。だがゼイヴィアの、愛なのか欲望なのか見定められない執念に翻弄され、しだいに追いつめられていき…!!
愛の法律

愛の法律

弁護士のシャーロットは、苦労して設立した事務所、家、恋人を一度に失った。借金返済のため、法曹界の寵児ダニエルの事務所に再就職するも、立場は彼の専属アシスタント!? まるで弁護士扱いされていないように感じられて、不満を抱くシャーロット。弁護士としての能力も人間的な魅力も、確かに完璧なダニエルだが、地元の名士の祖母から事務所を譲りうけたらしい。あまりに自分の境遇とは違って恵まれすぎな、ミスター・パーフェクトな彼に反発していたけれど…!?
愛の降伏

愛の降伏

歴史人類学者のイボンヌには不思議な力があった。霊の姿を見る事は出来ないが、霊と会話出来るのだ。ある日イボンヌは、いわくつきのアンティークの香水瓶を手に入れる。その小瓶には魔力を高めてくれる力があった。小瓶の影響でイボンヌの霊能力は強化され、ついに霊を目の前に呼び出してしまう。しかもその霊は、イボンヌが夢中で研究している伝説のジプシーキング「ビクター」本人だった。なビクターの霊は、夜ベッドに現れ、イボンヌを誘惑するのだが…!?
愛を授かりしベネチア

愛を授かりしベネチア

ベネチア最高級ホテル<グランデ・ルチア>を訪れた令嬢のリディアは、そこで記憶に残る出逢いをする。ラウル・ディ・サヴォ、不動産王の彼はリディアのテーブルにたまたま居合わせた。家業を立て直すために、義理の娘をも使う義父の策略を彼女から聞いて逃れさせてあげると言う。突然の申し出に不安に駆られる彼女だったが「今夜だけ僕と友達になればいい、選ぶのは君だ」と言った。今まで私の意思を尊重してくれた人は、そばにいなかったのに…どうして彼は―――。
シークの美しき獲物

シークの美しき獲物

ニューヨークの路地裏――記者ソフィーは大変な現場に居合わせる。大雨のなか、言い争っているのは砂漠の国スルハーディの国王ザイン・アル-アフマル! ソフィーの存在に気づいた彼は、彼女を強引に自分のリムジンに押し込んだ。一族のスキャンダルを聞かれたことに気づいた彼は、記事にさせるわけにはいかないと彼女を王宮へとつれ去る。そこはソフィーが生きてきた世界とはまるで違う、おとぎ話のように煌びやかな国。幽閉された彼女は心まで国王に囚われて…!?
マラカイオスの孤独な花嫁

マラカイオスの孤独な花嫁

マルゴは絶対に誰も愛さないと心に決めていた。たとえ相手がありえないほど魅力的な男性レオニダスであっても。彼にプロポーズされたときも即座に断り、ふたりの関係はそこで終わるはずだった。ところが、予期せぬ命がマルゴの体に宿っていた…。「子供には家族が必要」と、自分の生い立ちからも切望するマルゴは、一度は別れたレオニダスに結婚してほしいと頭を下げた。驚きながら、子供のためと受け入れてくれた彼の優しさの前にも、マルゴは心を閉ざしたままで…。
愛されたくて

愛されたくて

本ばかり読んでいた子供時代。地味なみなし子とバカにされながら育ったキャシー。大人になった今、ゲーム会社を興して小さな成功をおさめているが、まるで自信はもてない彼女に――「キャシー、僕と結婚しないか?」二次元から抜け出てきたような美男子が私を見つめてプロポーズ? 彼はジョエル・ハワード、今をときめく億万長者のIT社長がなぜ? 彼は宇宙旅行事業と彼女のゲームをタイアップさせ、ビジネスとしての契約結婚で盛りあげようなんて言いだして…!?
さよならシンデレラ

さよならシンデレラ

「あなたは彼と目がそっくりだわ」亡き母が遺した最期の言葉が、ロクシーの人生を変えようとしていた。遺品から母への大富豪の恋人からの手紙が見つかり、彼こそが自分の本当の父親らしいとわかったのだ。貧しいながらも幼い娘を女手ひとつで育てていたロクシーは、娘のためにマイクという弁護士を訪ねた。マイクは彼女に疑いの目を向けてくるばかりか、証拠が不十分だとつっぱねた。失意のあまりその場を飛び出そうとしたロクシーを、なぜかマイクが呼び止めて…!?
嘆きのウエディングドレス【分冊版】

嘆きのウエディングドレス【分冊版】

親友の結婚式に参列するためミラノを訪れたエリザベスは、花婿となるルチアーノの魅力に負けて、思わず彼にキスしてしまった。こんなの親友のビアンカに対する裏切りだわ…。後悔するエリザベスだったが、それはまだ大事件の序章にすぎなかった。挙式直前にエリザベスの兄が会社の金を横領して、花嫁のビアンカを連れ去ってしまったのだ。しかも、今度は花婿のルチアーノが「君の兄を刑務所に送りたくないなら、僕と結婚しろ」と脅迫まがいのプロポーズをしてきて!?※この作品は単行本「嘆きのウエディングドレス」の分冊版となります。重複購入にご注意下さい。
踏みにじられた妻

踏みにじられた妻

慈善団体で働いているエヴァは旅先のパリで偶然、初恋相手のフリンと再会した。屋敷の使用人の息子だった彼とは7年ぶりだったが、彼は巨大企業のCEOとして洗練された魅力的な男性に変貌していた! 旅先での素敵な時間は、ふたりの距離を近づけ彼女がプロポーズされるまでに時間はかからなった。エヴァは愛する彼にバージンを捧げ、愛情ある家庭を築いていくのだと信じていた。実は、この結婚はすべて彼の成功への計画の一部に過ぎなかったことだとは知りもせず──。
愛が試されるとき

愛が試されるとき

スペインで英語教師を務めるキットは広大なぶどう園のオーナーであるラファエルと出会い、恋に落ちた。ところが、それよりも前に彼の弟に出会い、求婚されていたのだ。断ったとはいえ、兄弟の溝を深めてしまうのではと思い悩み、ひとりアメリカに帰国した。2か月後、迎えに現れたラファエルの想いに心打たれ、ふたりでスペインへの帰途につくが、突然の事故によって幸福は打ち砕かれた。頭を強打した彼はキットの記憶を失ったばかりか人格も変わってしまっていて…。
息が止まるほど美しく

息が止まるほど美しく

オーディションまであと1週間。プロダンサーをめざすセージは、レッスン中、熱い視線を感じた。シルバーグレーの強いまなざし、堂々とした姿。ザンドロと名乗る彼は、セージの弟を捜しているという。彼は弟とどういう関係なのかしら? ザンドロの存在を意識しながらもダンスに集中するセージ。そしてオーディションに合格し喜ぶ彼女にザンドロは自分の正体がホテル王だと明かし、セージを弟捜しの人質とするためオーディションのスポンサーになったと告げて…!?
勝気なシンデレラ

勝気なシンデレラ

マティーは、ナイトクラブで働きながら、公開講座で学んできた。職を得て、無職の恋人との同棲生活を立て直すためだ。しかし、求職活動は苦戦の連続。お酒に溺れる彼氏の帰らぬ日々が続いた。そんな時、上品な身のこなしの客、ドミニクからの突然の魅惑的な誘惑…。でもダメ。あなたとは住む世界が違う…それに私には同棲している恋人がいるのよ! そう断ったものの、マティーの家を訪れたドミニクは、突然、唇を奪ってきた。そこへ、マティーの恋人が帰ってきて…!?
シンデレラは赤い髪

シンデレラは赤い髪

20歳になったその日、ロビンは育った家を飛び出した。男たちも、育ての親である叔母も、だれもロビンをわかってくれない。美しい赤毛をもつだけで、まるで娼婦のように思われるのだ。途方に暮れた彼女はある求人に目を奪われる。老婦人の話し相手。それに住み込み! すぐに応募するも、面接官を見て心が凍る。面接官はなんと昔、彼女をクビにした弁護士のハモンドだった。絶望的と思われたのに奇跡的に受かるが、彼とも同じ屋根の下で暮らさなければならなくて…!?