reread

最新のまた読みたい一覧

Qコちゃん THE地球侵略少女
pencil
名無しさんの感想
化物語のエンディングでイラストとかを描いているウエダハジメ氏の漫画。きっとエヴァンゲリヲンみたいに地球の滅亡の危機を通した少年少女の成長が描かれるはずだったんだと思うが、残念ながら打ち切られてしまった模様。 特区と呼ばれる囲いのある街に住む少年少女とそこに降り立った美少女っぽいロボット(人が搭乗できる)が宇宙から飛来したロボットと戦う漫画。地球は侵略されているようで、さらには各国の間で戦争も同時に起こっているらしい。らしいが続いてしまう理由としては世界観の説明がほとんどなく察するしかないから。ここら辺に打ち切られてしまった要因があるのかもしれない。 たぶん世界観の説明や散りばめられている謎の説明はこれから行う予定だったんだろうが、それを待たずに連載終了。しかし、ここで終わるのかよ!と思わせ、もっと読みたかったと思わせる面白さはあった。だからこそ残念。どうやらウエダハジメ氏には続きを描くつもりがあるらしいからいつか続きが読めるかもしれない。打ち切られたと言っても変に「俺たちの戦いはこれからだ!」的な終わり方ではなく、続くのが前提で終わっているような終わり方なので、そういう宙ぶらりんに耐えられるのなら読むのをオススメする。個人的には嫌いじゃない内容だったし、この作品にファンが多いのもうなづけた。
icon
きょうの新刊
2018年5月28日の新刊情報はありません
icon
最新の画像
僕はこの漫画で...
秋田に旅行に行...
そこでこしのさ...
映画でみた人に...
 魔法少女リリ...
単に前にも巨大...
icon
わかる
影絵が趣味
2018/05/26
ドラゴンヘッドを境に、線の多くて動的な暗いコマ作りから、線の少ない静的な明るいコマ作りへとペンタッチを改め、さらにはペンネームまでをも改めた望月ミネタロウですが、近年では静的なペンタッチにさらに磨きがかかり、ほとんどコマのなかで繰り広げられる人形劇といわんばかりになっています。 そんな望月が新たに選んだ主題が、映画監督からストップモーションアニメの監督に触手をひろげるウェス・アンダーソンの最新ストップモーションアニメです、そして、このめぐり合わせは何と起こるべきして起こったことなのでしょう。 ウェス・アンダーソンというひとは映画監督の時代からすでにストップモーションアニメのような画面をつくっていました、それこそ役者さんに人形劇の人形のような演技をさせるんですね。はたしてそんな映画が面白いのかというと、これがほんとうに面白い。本来ならカメラが追うべき人間が止まっていることで、かえって、カメラに映るそれ以外の全体が、つまりは物語の全体が躍動してくるのです。人は止まっているのに列車は走っているとか、人は止まっているのに自動車が家に突っ込むとか、そんな当たり前の物の動きがいっそう躍動してみえるのです。 望月が静的なコマ作りで目論んだものとは、まさしく、生まれもジャンルも異なるウェス・アンダーソンと知らず知らずのうちに共鳴してのことだったのではないでしょうか、望月はコマを静止させることで、かえって、コマからコマへの連結を躍動させしめたのです。ゆえに、ウェス・アンダーソンと望月ミネタロウの邂逅は必然的なものと言わざるを得ないと思うのです。
mampuku
2017/07/07
 講談社漫画賞でファブルに敗れ惜しくも受賞を逃した模様。とはいえかなりの高評価で、審査員の赤松健先生は「のけ者はいない」けものフレンズを例に「多幸感」という表現をしていました。  確かにこれを読んだとき、そしてアニメ版を見たとき、「けものフレンズ」と同じ種類の感動を覚えました。同時期に放送していた「小林さんちのメイドラゴン」も同様なんですが、本当の意味で優しい世界なんですよね。多様性とか種族間のどーたらとか、語りだすと堅苦しい長文になっちゃうのでやめときますが・・・  高橋先生やひかりのように優しくて心の強い人と、そうでもない周りの人々とが、苦しみもがきながらしながら理解を深め合っていく。こういった苦しみはけもフレにはない要素で、けもフレよりも見ていて疲れる部分ですねw
名無し
2018/05/16
↑ 憶測で警察とヤクザが繋がってるとか言うな