君に愛されて痛かった 1巻
中学時代に遭ったいじめがトラウマで、同級生の顔色ばかりを気にする女子高生・かなえは、援助交際で承認欲求を満たす日々を過ごしていた。ある時、カラオケ合コンで知り合った他校の男子・寛に援助交際の現場を目撃される。それでも優しく接してくれる寛にかなえは恋をする。その想いが悲劇の幕を開くことに――。愛に飢え過ぎた少女の、小さな願いが辿り着く結末は?
君に愛されて痛かった 2巻
援助交際で承認欲求を満たしていた女子高生・かなえは、他校の男子・寛との関係性を誤解され、寛に想いを寄せる同級生・一花を中心とするグループからいじめを受ける。かなえが不登校になって3日後の夜、一花は拉致される。一花不在のクラスでかなえは笑顔を取り戻し、寛との距離も近づいてゆく。誰かの不幸は誰かの幸せとなり、そして新たな悲劇が!?
君に愛されて痛かった 3巻
男たちに襲われたトラウマで不登校になっていた一花が、勇気を振り絞って学校に現れた。そこで目にしたのは、自分がかつていた位置に収まり、笑顔で過ごすかなえ。絶望と屈辱の中、壊れたパワーバランスは新たな犠牲者を生む。一方、寛への想いで幸福感に浸るかなえ。その強すぎる恋慕の情は次第に狂気を帯びてゆく――。
君に愛されて痛かった 4巻
他校の高校球児・寛への執着心を強めてゆくかなえ。家庭に居場所はないが、学校では特定のクラスメイトを排除する形で立ち位置を確保していた。一方、寛のチームメイト・越智は、かなえの存在が寛にとって危ういものではないかと考えるように――。
君に愛されて痛かった 5巻
自分に優しくしてくれる寛が他人に貶められるのが嫌。かなえはその気持ちを寛に伝えるが、受け入れられず喧嘩別れしてしまう。このことをきっかけに自分と寛の“普通”が違うことに気付き、気持ちが不安定になったかなえは、援助交際で心を満たそうとするが──。
また読みたい
フォロー