icon_reread
また読みたい
フォロー
ハーン ‐草と鉄と羊‐(11)
蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。一度は敗れたライバル・ジャムカとの戦に挑む義経。オン・ハーンの遣い、マムルークの将軍・ザハの活躍もあり、一進一退の攻防線に…! そして、緊迫する戦場に現れたのは…!?
ハーン ‐草と鉄と羊‐(12)
ユーラシア大陸に流れ着いた源義経の野望は、大陸をその手に収めること! ジェベの活躍もあり、かつては敗北を喫したライバル・ジャムカとの戦に勝利した義経たち。次なる戦を見据える中、イルハ・セングンより同盟強化のため義経とオン・ハーンの子供同士の婚姻の申し出を受けるが…。