この世界の片隅に

この世界の片隅に

平成の名作・ロングセラー『夕凪の街桜の国』の第2弾ともいうべき本作。戦中の広島県の軍都、呉を舞台にした家族ドラマ。主人公、すずは広島市から呉へ嫁ぎ、新しい家族、新しい街、新しい世界に戸惑う。しかし、一日一日を確かに健気に生きていく…。
ばらかもん

ばらかもん

とある島に移住生活をすることになった若きイケメン書道家・半田清舟。都会暮らししかしたことのないそのぼっちゃん先生が、(1)トラクターで公道をドライブ (2)自分のうちが中学生のたまり場になる (3)知人が玄関から入ってくれない…などの困難に立ち向かう、ほのぼのアイランドコメディ!!
ちびまる子ちゃん

ちびまる子ちゃん

“さくらももこ”は小学3年生。とても小さくて女の子だから“ちびまる子ちゃん”とよばれている。そんなまる子ちゃんが、おかしな家族の人たちや学校のお友だちとくり広げる、愉快な日常絵日記コミック。
まほらば

まほらば

絵本作家をめざして上京した白鳥くん。アパートの大家さんが可愛い女子高生でウキウキです。が、彼女にはとても大きな「秘密」があったのです…。「鳴滝荘」より贈るアパートメントコメディ、第1巻!
のらみみ

のらみみ

12歳までのお子様がいる保護者の皆様へ。居候キャラのことなら『ハローキッズ』59号店におまかせを!ハムスタータイプ、パンダタイプほか、多数取りそろえてお待ちしております!!『ハローキッズ』59号店の店先で悩んでいたクマエモン。それを見つけた所長が、新しい居候先を紹介しようとしたところ、なんとクマエモンは16年前から同じ家に居候中だったことが判明。当時7歳だった居候先の子・ヒロくんも、現在すでに23歳。だが、ヒロくんはいまだキャラ離れできないらしくて…。かつて誰もが憧れた「居候キャラクター」。子どもと生活を共にし、日常を愉快に演出してくれる愛すべき異分子たち…。大好評ほんわかワールド!
よっけ家族

よっけ家族

東京から妻の実家のある三重にUターン、同居することになった駿太郎。自然も畑も大家族もすべてが初めての毎日は…!?大家族ひとつ屋根の下。4世代10人以上が登場する大家族ストーリー、待望の第1巻!
社畜さんと家出少女

社畜さんと家出少女

ぐーたらな社畜のナルさん(2X歳)と、しっかり者な家出少女のユキちゃん(15歳)。二人の生活はすれ違いが多いけど、性格の相性はピッタリ。助け合いながら、なんとか元気にやってます。「とかくに人の世は住みにくい――」でも今この場所だけは、安心できる。
青の島とねこ一匹

青の島とねこ一匹

都会の喧騒から離れて草太が訪れたのは瀬戸内海の小さな島。大学時代の先輩をたより下宿生活をしようと考えるが、そこには、先輩はおらず、少女とねこと生活することに…。『ぱすてる』の小林俊彦が放つ、瀬戸内島女子高生×同居コミック!! 読み切り作品『セーラー服と監禁中。』を併録。
BUD BOY

BUD BOY

天界の武将を束ねる総大将でありながら、その素行の悪さ(?)から、人間界に堕とされた蕾は…!?花の香りいっぱいのスペクタクル・ファンタジー!!
なんくる

なんくる

そこは日本の最西端の離島――。島にたったひとつの中学校の全校生徒数は4人。しかも全員男子。ただでさえゆる~~い気質の南国に男子ばかりとあっては、遊ぶしサボるしダレるしかない!ここはある意味理想郷……?ってんなわけあるかァ!!都会からやってきたみやこはそんな独特のルールで生きる南国人たちにツッコミも追いつかない毎日。キラキラの海で輝くスローライフ青春コメディ、開幕!
さよならノクターン

さよならノクターン

都会から転校してきた染谷淳は、周囲と馴染めず鬱々とした毎日を送っていた。夏休みを目前にしたある日、廃墟のラブホテル「ノクターン」で同い年の少年少女と出会い、彼の日常は彩りに溢れたものに変化していく。

いまなら無料で読める

人気のクチコミ

オススメのクチコミ

六文銭
六文銭
2020/02/10
特殊で面白い芸大の実情
上野の一等地にバコーンとキャンパスを構える「芸大」 何年間も浪人しないとはいれない 東大よりも難しい 就職率は異様に悪い 偉大な卒業生以上に、何しているかわからない人が多い など、不思議な魅力と謎多き「芸大」に迫った本作。 高倍率な上に、特殊な人しか入れない学校だからか、本当に多種多様な人たちがいます。 その一風変わった学生たちを、おもしろおかしく実録的に描いた内容。 のめりこむと何をするかわからない姿や、特定の分野に特化した知識でとりあえず試してみるなど、芸術の探究心は科学に近いものなんだなぁと感じます。 驚いたのが、音楽学部のほうで、演奏技法を学ぶことはもちろんだけど、はやくから色んな場所でドレスを着飾り、演奏して、宣材写真などで自分を売りこむ努力をしているところ。 芸大まで出ても、演奏で食べていけるのは一握りなのだと衝撃を受けました。 日本の最高峰に位置しているので、なんとなく引く手数多かと思ってましたが、芸の世界はかくも厳しいのだと痛感します。 実力世界に学歴など関係ないんですね。(当たり前か) 原作小説に、いまをときめくking gnuのボーカル(当時東京藝大声楽科在籍)も取材対象として出てきた様で、今後でてくるのかな? 掘れば、まだ何かでてきそうな感じが、まさに秘境ですね。
もっとみる