あらすじ

ある日、元の家族が宝物のように育てていた元の妹・友子が盗まれる。友子は原爆で自分の赤ん坊を失った母親や父親たちの間で自分の子供のようにかわいがられていた。やっとの思いで妹を見つけ出した元だったが、すでに友子の身体は原爆の後遺症におかされていた。