あらすじ

死んでしまった弟にそっくりな少年、隆太は原爆孤児の少年だった。同じように原爆で家族を失った子供たちと一緒に、どろぼうをして暮らしていた隆太だったが、元は弟にそっくりなこの少年をほっておくことはできず、一緒に暮らせるように母に頼みこんだ。