icon_reread
また読みたい
フォロー
はだしのゲン(1)
食糧も何もかもが不足していた戦時中、中岡元少年は両親と四人のきょうだいたちと暮らしていた。平和を強く訴え、それを疎ましく思う町内会長たちに嫌がらせをされても「非国民」と呼ばれても決して屈しない父を元は尊敬していた。時は昭和二十年、日本最後の砦、沖縄はまさに血の海と化していた。死の影は刻々と元たちの住む広島にも近づいていた。
はだしのゲン(2)
元一家が暮らす広島に、一九四五年八月六日午前八時十五分、原子爆弾が落とされた。広島市が一瞬にして死体と苦しみの声で埋まってしまった。地獄のような風景の中で、元が家にたどり着くと、父と姉と弟が家屋の下敷きとなっており、母は途方に暮れていた。
はだしのゲン(3)
元は、父と姉と弟を原爆で失い、母と生まれたばかりの妹と共に生きていくため必死だった。米を手に入れるため出掛けた元は、悲惨な死体の山、さっきまで元気だった人が突然死んでいく恐怖、被爆者たちへの理解ない仕打ちを目の当たりにする。ある日、元たちの前に、死んだはずの弟・進次そっくりな男の子が現れた。
はだしのゲン(4)
死んでしまった弟にそっくりな少年、隆太は原爆孤児の少年だった。同じように原爆で家族を失った子供たちと一緒に、どろぼうをして暮らしていた隆太だったが、元は弟にそっくりなこの少年をほっておくことはできず、一緒に暮らせるように母に頼みこんだ。
はだしのゲン(5)
家もなく仕事もなく、栄養失調になりながらも母と妹、弟に似た隆太と必死に生活する元。せめて妹だけにでも…とやっとの思いで粉ミルクを盗み出すが、地元のやくざにだまし取られてしまう。元は彼らに立ち向かい、傷だらけにされてしまった。隆太は元の敵を取ろうと、持ち出したピストルを発砲した。
はだしのゲン(6)
ある日、元の家族が宝物のように育てていた元の妹・友子が盗まれる。友子は原爆で自分の赤ん坊を失った母親や父親たちの間で自分の子供のようにかわいがられていた。やっとの思いで妹を見つけ出した元だったが、すでに友子の身体は原爆の後遺症におかされていた。
はだしのゲン(7)
やくざになった隆太たちは足を洗ってやり直すため、自分たちの家を建てた。一度は兄貴分が連れ戻しに来たが、元と力を合わせて追い返すことができた。ある日気丈に働いていた元の母が血を吐いて倒れた。母は長兄に付き添われ、医者が紹介した原爆被害を調べているというアメリカのABCCに行くが、治療は一切されず、まるで実験材料のような扱いを受けたという。
はだしのゲン(8)
原爆症で倒れた元の母は一向によくなる気配がなかった。高い入院費と薬が必要と知った隆太は、ヤクザの賭場荒しをして元の母の入院費を作る。ヤクザから命を狙われることになった隆太は、一旦は東京へ逃げようとするが、元の発案により警察に自首して感化院へと行った。一方、炭坑に出稼ぎに行った兄からの連絡は途絶えたままだった。
はだしのゲン(9)
元は偶然夏江と再会する。ケロイドを苦にして自殺をはかった夏江は、再び元に助けられ、勝子やムスビと一緒に暮らしはじめた。感化院に入っていた隆太が脱獄して来た。元は戻って来た隆太と、印刷所や紙を懸命に確保し、今まで隆太の父親変わりだった平山が原爆について書いた小説を本にした。
はだしのゲン(10)
原爆症で床についていた、隆太たちの父親代わり・平山は、元たちが作った自分の本を一目見て息を引き取った。しかし元たちはその本を作ったことで、アメリカ軍政部に連行されてしまった。元たちは、原爆のことを書いたり本にしたりすることは、アメリカ軍の許可が必要なのだと聞かされ、隣の部屋には拷問された男がいた。