icon_reread
また読みたい
フォロー
icon_book
1巻を試し読み
高座で噺の最中に、客席の文士に「まずい!」と言われた左楽は、レアリスムの芸を磨こうと試練を重ねる『レアリスムの左楽』。なまりのひどい田舎者が、噺はダメだが踊りを覚えようと工夫を重ねる『電気踊りの又蔵』など13話。古谷三敏が話芸の世界をリアルに描いた名作集!
噺家のお抱え車夫が、師匠の噺をそばで聞きながら落語に目覚め、老いながらも芸を磨いていく『俥屋弥七』など14話。
噺は達者だが芸の真髄がわからぬ若手が、ドサ回りをさせられて転びながら芸を身に付けていく『ドサ回り小遊』など14話。
楽屋でバクチを打つ、女を伴なってはイチャツク、ヒロポンをやって警察へ呼ばれる・・・。橘丸はやりたい放題の憎まれっ子だが芸はしっかりしている。『横紙破りの橘丸』など15話。
若手で随一と言われる柳太だが、ある日からノイローゼにかかってしまい噺ができなくなった。真面目な者ほどかかりやすいのだが、どう克服するか?『イロノーゼの柳太』など15話。
唄や踊り、他芸に学べと師匠たちは若手に言うが、小つるが映画ばかり観ているのは話が違う。そんなもの観るなと師匠は言うが・・・。『映画狂の小つる』など14話。
作家には人間を観察する冷徹な目が必要だと言うが、噺家も同じ。廓噺の名人・東十楼も若い時分には女でもって・・・。『色悪東十楼』など14話。
アメリカさん(進駐軍の将校たち)が寄席見物にやって来た。何人もの芸人が登場したがほとんどウケない。だが、人情噺の名人・小吉が「泣かせてみせる」と言う。言葉の通じないアメリカ人を泣かす“無舌”とは?『無舌三升家小吉』など13話。
人情噺の朝楽は、出演料なしのチャリティ出演を持ちかけられたが、取り合わず断ったため関係者の反感を買った。だが、朝楽には確固たる考えがあっての拒否であった。『不人情噺の朝楽』など15話。
楽屋の隅でいつも渋い顔をして座っている円我師匠。若手に小言を言うことが多く煙たがれている。そんな円我師匠が突然亡くなった。若手らがそこで知ったこととは・・・。『人の値打ちと煙草の味は橘家円我』など14話。