あらすじ

赤城と鳳アケミとの関係に嫉妬した小瀬は、酒に酔い鉄棒から落下。それを助けようとした赤城は、アキレス腱を断裂してしまう。責任を感じた小瀬は、自殺をほのめかす遺書を残して家出。工場街の古い煙突の上でおびえる小瀬を発見した赤城は、不自由な足を引きずりながら煙突を上り始めるのだが…。