また読みたい
フォロー
両親を亡くした由惟は、叔父であり奔放で美しき小説家である政近に引き取られるが、政近の溺愛によって束縛される日々を送っていた。そんな中、真摯で男気溢れる委員長・原田に優しくされ、つい体の関係があることを告白してしまう…!!そこから由惟を中心に政近と原田、男たちの愛と孤独の物語が始まる!!