あらすじ

その瞬間、絡みつく視線が俺を締め上げた。不遜な視線のその男は大会社「ミムロマテリアル」の御曹司・御室由考。倒産寸前の父の会社へ融資を依頼した俺に、彼は信じられない条件を出してくる。融資の対価は、俺自身。躯も意思も、俺のすべてを売り渡せと――。