reread
また読みたい
フォロー
若き小説家テレンス・リードは、旧友ギル・ケインに誘われてロンドン郊外へ。その昔悪徳の限りを尽したというトーマス・バリモアの城で、テレンスは、青みがかった金色の髪と、天使のようなほほえみをもつ、トーマスそっくりの美少年・アクアマリンに出会う…。『エロイカより愛をこめて』と同じ年に執筆され、作者の転換点となった、絢爛たるミステリーロマン。
大学生のダニエルは、黒猫グリフォンとともにロンドンを離れ、親戚のエドウズ未亡人のもとを訪ねる。家庭教師だというクロウジアには歓迎されなかったが、美しく成長した娘のキャサリンとは、再会を楽しむことができた。―やがて、キャサリンの記憶のふちからよみがえる愛と悲劇。愛を求めてさまようダニエルの行く手は、いつも悲しい運命に彩られている…。
花と星と音楽を愛する心やさしき美青年・クレイグは、筋肉モリモリのジョンとともに、女性を求めて、男だらけのオールマン大学を脱走する。女装して潜り込んだ、深い森の奥の尼僧院。そこは、女吸血鬼のたちの館だった…。禁断の園で繰り広げられる、美青年たちの恋と冒険。『イブの息子たち』の原型といえる『ドラキュラ館は大騒動!(オールマンものがたり)』ほか、作者の父をモデルとした『拝啓おやじ殿』など、全6編を収めた自選短編集。
ブレイク家の莫大な遺産。美しい恋人。世界中の幸せを手にできそうな青年・ヘルムート。誕生パーティーで演じた『ハムレット』終幕直前、彼は窓から落ち、全ての記憶を失う。口をついて出るのは『ハムレット』のセリフだけ…。記憶が戻り、ヘルムートは恋人のアニエスが義兄・モルダーと結婚したのを知る。残酷な裏切り、恐るべき陰謀―。シェイクスピア悲劇に題材をとった表題作ほか、作者の母をモデルとした『かあさんの休診日』など、全6編を収めた自選傑作集。
嵐になりそうな夕暮れ。結婚目前に最愛の恋人・ジョエルを事故で喪ったジェニファーは、二人で訪ねるはずだった、川のそばにある赤い屋根のスコット家にたどりつく。息子の死を受け入れられない母親。亡き兄に劣等感を抱く弟のマルク。大雨で川が氾濫し、赤い家に閉じ込められたジェニファーに、怖ろしい魔手が忍び寄る…。表題作ほか、ファンタジックな短編『月まつり』を特別収録した、自選傑作集。