貼られた画像

わかられたコメント

名無し

アニメーション版は何でかわからないけど泣ける、みたいなことが起こる。何に感動したのか自分でもうまく説明できない。

名無し

逆に漫画は漫画で、漫画にしかできない表現
・・・つまり映画には無い魅力も沢山あると思います。
「漫画全部読んでいるし、映画も同じ内容でしょ?」や
「映画何度も観てるし、漫画なんか買う必要はないよね」が
この作品では通用しませんw
ちょっと、とてつもないことだと思います。

名無し

こんにちは。
自分は、映画から漫画を読んだクチですが
ぜひ映画をご覧になられた方がいいと強く強くおすすめします。
理由を簡単に挙げます。
・動くということ、声がつくということ、音がつくということ
当たり前なことですが、どれも映画でしか表現しえない要素ですし
その要素が極限まで磨かれていたので、最高に良かったです。
個人的には音関連、特に効果音が素晴らしく、
映画館でしか体験できないと思いました。
・考証表現の的確さ
漫画版では描かれきれていない要素(例:被爆前の広島市街)が
可能な限り克明に、かつ正確に表現されつくされています。
また、漫画版では登場しない要素が加えられているのですが
そのどれもが違和感がないどころか、正確な考証のもとに成されています。
・漫画へのリスペクトの深さ
ご存知かもしれませんが、とあるキャラ関連のエピソードが
尺の関係でやむなくカットされています。
カットされていますが「無かったことに」していません。
つまり原作を否定しているわけではないんですね。
原作へのリスペクトをしつつ、映画作品としての作家性を両立した作品
という意味で、新しいやり方だと思うし、原作をご存知の人も
ないがしろにしているわけではない、と思います。

という訳で、ぜひご覧になられたほうがいいと思います。

「この世界の片隅に」にコメントする
ネタバレ
  • なし
トピック名(省略可)
本文
投稿者名
閉じる