icon_reread
また読みたい
フォロー
百鬼夜行抄(1)
普通の人間には見えない不可思議なモノたちが見えてしまう飯嶋律。彼とそのファミリーがさまざまな妖魔との出会いの中で紡ぎ出す不思議絵巻。第1巻では、司ちゃんの背中に拡がるあざの謎に迫る『闇からの叫び声』、死霊の力を利用して雨を降らせる“雨降らしの珠”を割って罪人を解放する『あめふらし』、そして、木を伐採され住処を失ったカラス天狗の逆襲を描いた『桜雀』を収録。
百鬼夜行抄(2)
飯嶋家の人々がさまざまな妖魔との出会いの中で紡ぎ出す不思議絵巻。その愉快で、怖い日々を恐怖とユーモアを絶妙にブレンドして描いた人気シリーズ。第2巻では、桜の着物を着た女の子が突然飯嶋家に現れた『目隠し鬼』、佐野家が先祖代々守ってきた“御柱様”のもつ不思議な力を描いた『逢魔の祭』、橋のかかっていない箱庭の謎に迫る『人喰いの庭』等、4編を収録。
百鬼夜行抄(3)
飯嶋律は、普通の人間には見えない不思議なモノが“見える”。いとこの司ちゃんも妖魔を呼び寄せる力をもち、不思議なモノが“見える”。もしかして、そんなことも律のお父さんの秘密も、お母さんにはすべてお見通し!?第3巻では、池で死んだ少女の霊が律の祖父を探してさまよう『水蓮の下には』、妖怪と人間が結婚してしまった『見知らぬ花嫁』等、全4編を収録。
百鬼夜行抄(4)
おじいちゃんが死んでから、律の周りは家の外も中も変な物や怖い物でいっぱい!どこにいてもなにをしていても、奴らがいつも邪魔をする。おかげで律は友達もできず、奴らのことで頭がいっぱいだった。第4巻では、孤独な小学生だった律に初めて友達ができた『雪路』、お見合いを断ったいとこの晶ちゃんが妖魔に狙われた『花盗人』等、全3編を収録。
百鬼夜行抄(5)
おじいちゃんが死んだ後も、飯嶋家にはおじいちゃんの気配が満ちていた。でもさすがに10年も過ぎると気配がうすくなり始め…。おじいちゃんはいつまでも律を守ってくれるの!?第5巻では、おじいちゃんに会うために“約束の日”に飯嶋家を訪ねてきた男女の謎に迫る『夏の手鏡』等、全4編を収録。
百鬼夜行抄(6)
妖怪たちに邪魔をされてなかなか受験勉強に集中できない律は、遂に浪人生になってしまった。受験生の自覚を持って勉強に励み、面倒事を避けながら過ごしていた律だったが、やはり彼のところには面倒事がやってくる…。第6巻では、木に棲む妖怪の尾黒と水に棲む妖怪の小浪が結婚しようとする『青い鱗』等、全4編を収録。
百鬼夜行抄(7)
大学受験当日、受験会場に向かう途中で祟りの町に迷い込んだ律だったが、何とか脱出。寝不足の頭と疲れきった身体で受験をするハメになる。しかしやはり律は神様!?しっかりと補欠合格を果たし、ついに念願かなって大学生になる!!第7巻では、大学生になった律の晴れ姿を描いた『雨がまた呼ぶ』等、全5編を収録。
百鬼夜行抄(8)
大学生になった律は、サークルにも属さず、友達も作らず、たまに民俗学の研究室にいっては大学院生とつるむ日々を送っている。しかし相変わらず課外活動だけは充実している。第8巻では、7年前に失踪した兄弟の行方を描いた『雲間の月』、律が大学で出会った少女が家で見つけた写真の謎に迫る『うす紅色の女』等、全4編を収録。
百鬼夜行抄(9)
バケモノ屋敷として親戚中から恐れられている律の家。しかし不思議な力を持っていたおじいちゃんの血を、子どもたちは受け継いでいた…。そんな血筋の者たちが飯嶋家に集まるとき、何かが起こる!?第9巻では、お母さんもおばあちゃんも黙っていた飯嶋家の秘密を描いた『隣人を見るなかれ』等、全5編を収録。
百鬼夜行抄(10)
探偵でもないし、警察でもないから、真実の究明なんてする必要はない。律が守るのは、自分が家族と思い定めたものたちだけ…。第10巻では、種をつけない彼岸花(死人花)がある日突然飯嶋家の庭に咲いた『雨降って地に流るる』、26年前に姿を消した律の伯父が突然家の庭先に現れた『闇は彼方に佇み』等、全5編を収録。