あせとせっけん

あせとせっけん

【描き下ろし特典ペーパー(漫画1P)を巻末に収録。特典ペーパーは紙版に封入されているものと同じです。】女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤めるOL・八重島麻子(やえしまあさこ)は、重度の汗っかきなのがコンプレックス。デオドラント製品が手放せない生活の中、ある日、商品開発部の名取香太郎(なとりこうたろう)に、「君の体臭は素晴らしい! 新商品の石鹸開発のため、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と言われてしまう。でも、においを嗅がれるのは、そんなに嫌でもなくて…。
謎の彼女X

謎の彼女X

キスはダメ。それ以上なんてもってのほか。でも、椿明(つばき・あきら)と卜部美琴(うらべ・みこと)は恋人同士。唯一らしいことと言えば、日課として卜部の“よだれ”をなめることだけ――。どこか奇妙、でもどこまでも純粋な2人の恋愛模様。『ディスコミュニケーション』『夢使い』、一筋縄ではいかぬ「恋愛マンガ」を描かせれば当代随一!植芝理一が描く、すべてが謎に包まれた“正体不明”の恋愛マンガ!!
官能先生

官能先生

ある夏の日、偶然引き寄せられた小説家と謎の美女。そしてそこから二人が紡ぎ出す、狂おしい愛の記録。話題沸騰! 『恋風』『夏の前日』の吉田基已の最新作!!
ウワガキ

ウワガキ

冴えない高校生のアジオは、同級生の千秋に片想い中。だがある放課後、事件が起きた。謎めいた科学教師・山田の仕業で、なんと千秋がふたりになってしまったのだ!アジオ、千秋、千秋のコピー・コアキ……恋の勝者は誰?そして上書きされてしまう敗者は誰!?長編連載初挑戦となる八十八良が贈る、高校生たちのSFラブ・ゲーム、待望の第1巻!
でびるち

でびるち

容姿端麗・頭脳明晰・スポーツ万能の三拍子揃った、クラスで最も気になる存在・咲場ヨミナの正体はなんとサキュバス!? Hが苦手な淫魔と少年のちょっとHなラブコメディ!
恋花温泉

恋花温泉

恋花温泉は美人三姉妹が営むカップル限定の温泉旅館。彼女にふられ一人でやってきた青年=秋山に、三姉妹が献身的なサービスを…!?ドッキン!湯けむりラブコメ☆
正しいコドモの作り方!

正しいコドモの作り方!

冴えない高校生・悠の前に現れた怪しい少年、その正体は未来からのタイムトラベラー・来人!来人は悠に言った──「未来の人類を救うため、片想いの相手にして幼なじみ・今日子と子作りしろ」と!シゲキ連発のジェット・コースター・ストーリー、開幕!!
箱詰め草食ラビット

箱詰め草食ラビット

高校生の兎澤はクラスメイトの獅子寺に密かに想いを寄せていた。しかし、過去の経験から恋愛事には超奥手でただ見つめるだけの毎日。そんなある日、席替えで前の席になった獅子寺と距離を縮めはじめた兎澤だったが、獅子寺の友達、柴原と羊に邪魔され……!?
万代かなめは遊びたい

万代かなめは遊びたい

部員が誰もおらず、勉強に集中できるから、という理由で文化研究会に入った高良太陽。だが、苦手にしているクール美少女・万代かなめが入部してきたばかりか、部室にあるおもちゃに興味を示してきて……。「ブ●ミントン」に「ホッピング」、「人生ゲーム」に「ミニ四駆」! 幼い頃、時間を忘れて遊んだおもちゃの数々……。高校生になってもその面白さは色あせない! クール(実はポンコツ)女子高生×懐かしおもちゃコメディ!!
恋愛禁止学園

恋愛禁止学園

町島陽翔が生徒会長・上村恵梨花に憧れて入学した学園には鉄の掟「恋愛禁止」があった。しかし生徒たちはそれぞれ「秘密」があって……!?
ツイテル彼女。

ツイテル彼女。

KYで童貞の吉田と、美人で巨乳だけどフタナリの双葉ちゃんが繰り広げるラブコメディ!30歳を目前に控えて、今なお童貞の吉田。そんな彼に、念願の彼女が出来る!だが、彼女の股間には可愛い顔からは想像も出来ない、大きな秘密が隠されていた……。
icon_book
試し読み
片想いフィーバー

片想いフィーバー

小学校からずっと仲良しで、同じ高校に進学した幼なじみの里沙(りさ)、友弘(ともひろ)、詩也(うたや)。でもある日、友弘が前田(まえだ)先輩にひと目ぼれして大変なことに。焦った里沙は思い切って友弘に告白。だけど前田先輩へのアピールに必死な友弘には、相手にしてもらえない。そんな中、もう一人の幼なじみ・詩也が里沙に告白してきて……。恋の熱に浮かされた高校生たちの捨て身で素敵な全力投球! 全員が片想いなこの恋のラビリンスに、出口はあるの……!?

いまなら無料で読める

人気のクチコミ

もっとみる

オススメのクチコミ

あうしぃ@カワイイマンガ
あうしぃ@カワイイマンガ
2020/02/05
魔球も、百合も、あるんだよ。
カラーボール野球で「魔球」を開発した二人の少女。別々のチームで、一人は投手として、硬式球で魔球を完成させ、もう一人は捕手として、全国レベルの実力をつける。 二人は高校で再び出会う。不祥事で廃れた野球部に十人の仲間が集った時、一人が言う。 「一緒に全国を目指して欲しい」 ……可愛い女子高生達が主役の、この「きらら系」作品だが、本気の野球漫画として、かなり力が入っている。 個性的なチームメイトも、対戦相手にも、設定が沢山あり、面白い。 例えば主人公の「魔球」は、ストレートと同じ球速で大きく縦に割れる、カーブっぽい球。鋭い変化の割に球速が落ちない理由とは……。 他にも、人のプレイのコピーが上手い選手のトリッキーな作戦や、試合自体をクイックに進める相手に翻弄される、など、実際に出来るかどうか、ギリギリの発想が楽しい。 どこか水島新司先生の自由さがある一方、試合の緻密な駆け引き、戦略などは『おおきく振りかぶって』を思わせる。更に洗練されたプレイを大胆に魅せる絵で『ダイヤのA』のように興奮させる。 様々な野球漫画の楽しみを「女子」で魅せてくれる、贅沢な作品。バッテリーや上級生のロマンシスや、もう少しで百合な関係性も生まれ、これからが楽しみ。(ロマンシス=女子の強固な友情、バディ関係。恋愛に近い程の親しい関係。日本人による造語) 大会序盤、早速優勝候補に挑む彼女達。ジャイアントキリングなるか!?
吉川きっちょむ(芸人)
吉川きっちょむ(芸人)
2019/03/28
これはいい新連載がきた!
ちょっと未来のちょっと田舎の海辺に住む頑固おじいちゃん。 家族が心配して送ったのは、この仕事が終わったら廃棄が決定している30年動いているメイドロボ。 ガタがきてて首はすぐ落ちるし、包丁を持つとロボット三原則により人間を傷つけてはいけないから震えちゃうし、いろいろぽんこつだけど、とても愛らしくて構ってしまいたくなる。 しかし、500円玉のシーンほんとよかった。妙に説得力があって存在感と寂寥感が漂っててとてもシュールで最高の俯瞰の構図だった。 大ゴマの使い方がとても大胆で潔いので切れ味があって気持ちがいい。 そして、包丁の場面にしろ、イオンにしろ、500円玉にしろ、コマ割りが上手いので間が上手く表現されていてテンポがすごく気持ちいい。 あと単純にかわいい。 ああいう丸い目が好き! 基本的にキャラクターのデザインとか背景の描きこみとか、絵のバランスがすごく良くて好みだ。 最初は、設定的にはベタで手垢がついてるようにも感じたが、いままでの全然上手く描けてなかったんじゃないかって思うくらいすごくよく描けてていいなと思った。 おじいちゃんも「アリスと蔵六」の頑固おじいちゃん的で気持ちがいい。 ドラえもんのような家に転がり込んで一緒に住むタイプになるとは思うけど、のび太君の面倒を保護者の観点から見るような昔のドラえもんとは立場が若干違って、介護という意味では面倒をみられるのはおじいちゃんでも、おじいちゃんの方がより大人だしぽん子の方がトラブル起こすことになりそうだから逆転しそうな気もする。 二人のいい関係性が構築されていきそうで楽しみ。 おじいちゃんのボケ防止になって賑やかで寂しくなくなればいいな。
野愛
野愛
2020/06/05
まだ見ぬプロレスファンの貴方へ
2000年代において90年代のプロレスメインで漫画にするというのがなんとも心憎いですね…。 白黒テレビで家族揃ってプロレスを見ていた時代が終わり、メジャー団体だけではなくインディー団体が生まれ、冬の時代を迎えながらも細分化され現代のプロレスに繋がっていく…そのいちばん美味しくていちばん学んでおきたいところを掻い摘んで知ることができるのであります。 とは言ってもプロレス好きな人なら履修はしてあるかな?という話題が多いとは思います。逆に言うとこの辺おさえとけばなんとなく今に繋がる流れがわかるってことなのかもしれません。 まあそんなことはさておき根本にあるのは「人の好きを笑うな」ということだと思う。 この漫画をプロレスファン以外のひとが読むことは滅多にないでしょう。でも、もしプロレスファンじゃないひとがこの感想を読んでこの漫画を読むことがあるならば(ないと思うけど)伝えたいことがあります。 誰に笑われても、誰に否定されても、どうかその好きに誇りを持ってほしい。 ニワカでも詳しくなくてもいいんだよ!あなたの好きがコンテンツを支えるんだよ! わたしの好きなプロレス団体の代表は常々「プロレスをメジャースポーツにする」と謳っています。今存在する全てのコンテンツが、新規に伝えることを辞めてしまったら衰退するばかりなのです。 ニワカであることを誇れ!古参はニワカを愛せ! たまちゃんをニワカだと批判するキャラクターが途中登場しますが、これは全てのヲタクが自分を省みるべきという戒めなのだと思います。知識とか認知とか金額とか(それらはひとつの指標だけど)だけを誇ってはいけないし、他のヲタクを排除してはいけないのです。 愛するコンテンツを守るために愛を広げなければいけないのです。 虎はウザいしたまちゃんはもっと喋れ、女装家レスラーやジェンダーレスレスラーがいるんだからオカマとか安易に言うんじゃない、とか思うところは多々あれど、結局はラストシーンでたまちゃんが虎に発した台詞が全てだと思います。 好きなものは好きと言おうじゃないか。好きなものを好きでい続けようじゃないか。 そして、プロレスをメジャースポーツにしようじゃないか!!!
もっとみる