新世紀エヴァンゲリオン Volume1 使徒、襲来
西暦2000年、南極に隕石が落下。かくして有史以来の大カタストロフィー「セカンド・インパクト」が起こった。それから15年、新たな危機が人類を襲う。「使徒」襲来である。使徒に対抗すべく、人類は汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」を開発。そして、パイロットに選ばれた「3人の少年少女」たちの戦いが、今、始まる――。
新世紀エヴァンゲリオン Volume2 ナイフと少年
汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなったシンジは、未知の存在である敵「使徒」と戦うことにより、今まで内に向いていた心を外に向け、他者との交流を持つことになる。しかし、“同居相手”と思い、親しみを感じていた上官のミサトが、自分の“監督日誌”をつけていたことを知り、再び心を閉ざしてしまう。
新世紀エヴァンゲリオン Volume3 白い傷跡
暴走状態のエヴァ零号機に乗っていたレイを、なりふり構わずゲンドウは助けた。いつも無表情なレイと、息子のシンジに対しても冷酷なネルフ長官のゲンドウが見せるほかにはない2人のあいだの表情を見、シンジの意識はレイに向き始める。そんななか、使徒の襲撃を受け、シンジは瀕死の重傷を負う。
新世紀エヴァンゲリオン Volume4 アスカ、来日
操縦センス抜群の美少女、惣流・アスカ・ラングレーがエヴァ弐号機のパイロットとしてやってきた。シンジは、アスカの二重人格ぶりに戸惑いを隠せない。そんな中、2人はコンビネーションの悪さから使徒に玉砕してしまう。ユニゾン攻撃特訓として下った命令は「2人、同じ部屋で暮らしなさい」!?
新世紀エヴァンゲリオン Volume5 墓標
空から降ってくる使徒を受け止める。母の墓標の前で、父にかけられたことばに気を取られるシンジは、出撃のタイミングを逃してしまう。帰還後、謎の停電がネルフ本部を襲い――。
新世紀エヴァンゲリオン Volume6 四人目の適格者
ネルフが引き取ったエヴァンゲリオン3号機の起動実験パイロットに、トウジが選ばれた。だが、実験開始後にトウジの乗った3号機が使徒に乗っ取られてしまった。シンジはトウジの乗った使徒と対決することに――!?
新世紀エヴァンゲリオン Volume7 男の戦い
トウジの事でシンジはネルフを去る決意をするが、加持の説得で再び初号機に乗り込み、使徒と戦う。だが、その直後、初号機が暴走し――。待望の第7巻!!
新世紀エヴァンゲリオン Volume8 MOTHER
エヴァに取り込まれてしまったシンジを救うサルベージ計画が始まった。意識の波の中でシンジは母親ユイと向き合う。そこで母が告げた言葉は…。
新世紀エヴァンゲリオン Volume9 フィフス・チルドレン
使徒に精神攻撃を受けるアスカ。過去の暗闇を暴かれたアスカの心は!?そして突如現れた5thチルドレン・渚カヲルの狙いは?物語は佳境へ!
新世紀エヴァンゲリオン Volume10 涙
トウジを死なせてしまった事で落ち込むシンジの前に、不思議な少年が現れる。フィフス・チルドレンだと名乗るその少年・渚カヲルに、出会ったばかりのレイと同じものを感じるシンジ。シンジに付きまといネルフまできてしまったカヲルは、そこでエヴァとシンクロできずに悩むアスカと小競り合いをする。その直後使徒が襲来。今度の使徒は心理的に不安定なアスカに精神攻撃を仕掛けてきた。母親とのつらく苦しい過去をえぐり出されてしまったアスカ。「ロンギヌスの槍」でレイが何とか使徒を撃破するが、アスカの心はすでに崩壊してしまっていた。アスカの代わりに弐号機のパイロットに就任しシンジに急接近するカヲル、トウジに続きアスカも救えず苦悩するシンジ、そのシンジをそっと見守るレイ…それぞれの心が揺れるなか、さらに新たな使徒が襲い掛かる…。
また読みたい
フォロー