あらすじ

黒蜘蛛一味を始末した平三郎だが、頭の黒蜘蛛は替え玉であり、本物の頭は江戸を去った。その平三郎が料理人として居候する居酒屋に魚伊瀬の番頭が現れ、魚の仕入れは、これからは魚伊瀬を通せと言う。魚伊瀬は若年寄にまで手を伸ばし買収し、江戸の魚屋、八百屋、酒屋までをも支配しようとしていた。