私の兄は人を殺めました 1
――5年前。季節は秋だった。兄が人を殺し私の人生は大きく変わった。犯罪者の妹として周囲から孤立して生きるわかな。いじめられることに慣れ、すべてを諦めていた。そんな時、自分とは正反対の真歩と出会う。暗く閉ざされたわかなの世界が変わりはじめ――。(この作品はコミック版に収録されています。重複購入にご注意ください。)
私の兄は人を殺めました 2
――5年前。兄が人を殺し、犯罪者の妹として孤立して生きる日々が始まった。ようやく友達・真歩(まほ)ができたわかな。しかし真歩の兄を殺したのが自分の兄だとわかり…。真実を告げることに苦しむわかな。そんな時、わかなの過去を知る愛美(まなみ)が現れて――
私の兄は人を殺めました 3
悩みや不安を一人で抱えて生きるあなたへ 「これから未来へと歩んでいこう」  ――5年前。兄が人を殺し、犯罪者の妹として孤立して生きてきた――。  わかなは、ようやくできた親友・真歩に、自分の兄が真歩の兄を殺した犯人であることがばれてしまう。真歩は学校の屋上にわかなを呼び出すが、そこに現れたのは、わかなの兄・冬真だった。わかなは、憎しみの連鎖を断ち切るために、2人のもとへ急ぐが――。
私の兄は人を殺めました 4
――犯罪者の妹として生きる――。「誰かを救える人になりたい」と強く思うようになったわかなは、将来の夢ができ真歩とともに大学に進学する。前に向かって生きていこうとする2人だったが、偶然、真歩の兄・律樹の手帳が見つかる。そこには律樹の死に関する内容が記されていて――。
01/17(月)まで
読める!
また読みたい
フォロー