のんちゃんのり弁 1巻
泣ける、笑える、愛しく思う!ひじきにサバ味噌、とら豆きんちゃく……下町情緒に誘われて、“読めばお家に帰りたくなる”超・傑作ホームドラマ、ファン待望のデジタル化!「自称」小説家のボンクラ亭主に離婚を突きつけ、懐かしい下町に居場所を見つける永井小巻、ちょっとだけ美人。愛する娘のおべんとう作りを楽しみながら、人情あふれるこの町で、“31歳の青春”を生きてゆこうと決意する……。
のんちゃんのり弁(2)
「おんなじ学校出て、同じ31で……何やってんでしょーなァ、あたし」――ボンクラ亭主に離婚を吹っかけ、遅まきながら“自分探し”に迷走中の永井小巻は、下町育ちの5歳児子持ち。気丈に振る舞うコマキだが、起業に成功したかつての悪友・オーマキちゃんを前に劣等感がわきだして……!?もう31歳、まだ31歳。青春は、諦めなくてもそこにある――。泣けるほどやさしくて、苦しいほどせつなくて。珠玉の下町人情コメディ、第2巻。
のんちゃんのり弁(3)
おめでとう、離婚!!夢見るボンクラ亭主と縁を切り、小料理屋「ととや」で修業にいそしむ31歳、原小巻は5歳の子持ち。生まれ育った下町で、“三十路の青春”を丁寧に生きてゆこうと決意するが、実家に突然現れた弟の嫁、“不思議ちゃん系コムスメ”に調子を狂わされ、荒れる気持ちが止まらない!?――複雑なお年頃の小巻に訪れる「古く懐かしい恋」のドラマも最高潮、大人のときめきに満ちた傑作ドラマ、第3巻。
のんちゃんのり弁(4)
下町人情の中に31歳のリアルなせつなさを描いた超・傑作ホームドラマ、おかかの香りに包まれて、ついに完結!小巻は下町・京島育ちの31歳。「書かない小説家」と離婚して、愛娘・のんちゃんとともに実家で暮らす、人情過剰(?)な下町の日々。小料理屋「ととや」のサバ味噌に衝撃を受けて修業を重ねた小巻は、ついにお弁当屋さんを開くことを決意。成長した小巻を見て、ボンクラ元亭主と現在の恋人がプロポーズをしかけてきて……!?