魔導の系譜 1巻
三流魔導士と孤独な少年。師弟を繋ぐ世界の理。 魔導士が虐げられる国ラバルタ。私塾を営む三流魔導士レオンは、身寄りのない少年ゼクスを託される。周囲を拒絶するゼクスに、レオンは師として歩み寄ろうとするが…。
魔導の系譜 2巻
野心と嫉妬が招く、師弟の決別。 レオンの元で難読症ながら魔導の才を磨いたゼクス。ゼクスは己を侮蔑する者達を見返すべく魔導士の最高機関〈鉄の砦〉行きの野心を抱くが、その野心を阻むのは他ならぬレオンだった。
魔導の系譜 3巻
共鳴する友との出会い。分かち合う理想は世界に抗うこと。〈鉄の砦〉でも周囲と馴染めないゼクスに臆せず声を掛ける者がいた。彼の名はアスター。貴族ながらその地位に鼻にかけないアスターに、ゼクスも心を許していく。一方、国内の情勢は陰りを見せ始め…。
魔導の系譜(4)
蜂起した反乱軍を抑えるため、ゼクス達〈鉄の砦〉の先鋒隊は戦地に立った。 次々と仲間の血が流れる中、〈鉄の砦〉での地位を得るべく 戦果を上げようと力を振るうゼクス。 しかし戦場は、魔導士の在り方を揺るがす事態に陥っていく――! そして戦場から遠く離れ、レオンもまた己が己であるための道を探し・・・。
また読みたい
フォロー