斬殺者(1)
『巨人の星』でおなじみの梶原一騎と『子連れ狼』の小島剛夕、驚異のコラボレーションで贈る、ダークヒーローとしての宮本武蔵を題材にした傑作劇画!巌流島の闘いで佐々木小次郎を破った武蔵だが、細川藩の密命によって命を狙われる。武蔵へと放たれた刺客・無門鬼千代(むもん・おにちよ)は武蔵を外道剣の師としながらも、学友だった吉岡又七郎の仇として、武蔵を執拗につけ狙うのだが……!?
斬殺者(2)
鎖鎌と外道剣が一体となれば、宮本武蔵を斬れる!父を武蔵に殺された鎖鎌の使い手・宍戸蕃六(ししど・ばんろく)と手を組んで、ふたりで武蔵と戦うことを考えた無門鬼千代。しかし鬼千代の真の策略は、蕃六を肉の盾にして武蔵を討つことだった。そして武蔵は無刀になるのだが、圧倒的な強さで鬼千代を倒す。「殺せ」と言う鬼千代の前に、武蔵を一途に慕って追いかけるロザリアお吟が、鬼千代の命乞いをして……!?
斬殺者(3)
騙されてニセ宮本武蔵として仕立て上げられ、柳生宗矩(やぎゅう・むねのり)に捕らえられてしまった無門鬼千代。彼を救うためにロザリアお吟たちは、柳生一門に夜討ちをして逆に捕まってしまうのだが、そこへ現れた武蔵は柳生の門人を惨殺して去っていく。武蔵が行った悪鬼羅刹のような所業を見てしまったロザリアお吟は悩み苦しむが、鬼千代はまことの外道剣が開眼したと悟り、京へと戻っていく……。
斬殺者(4)
スペイン船司令官・ヴィスカイノに取り入って南蛮剣法の弟子入りをした無門鬼千代は、外道剣と南蛮剣法を合わせた混血剣法で名を上げていく。そしてロザリアお吟を欲しがるヴィスカイノとともに鬼千代は、宮本武蔵の訪問をするロザリアお吟たちを見つけるが、武蔵は鬼千代たちの存在を見切っていた。その後、鳩の豆を売っていたロザリアお吟は、暴走する馬に乗った鬼千代に連れ去られてしまうのだが……!?
斬殺者(5)
大阪征伐に参加した無門鬼千代は、徳川家康より燃え上がる天守閣から千姫の救出を命じられる。一足遅く坂崎出羽に千姫を奪われてしまった鬼千代だったが、坂崎を倒して手柄を横取りしようとしたとき、突然現れた美青年の剣豪・白鵬寺左近に邪魔されてしまう。そして、鬼千代は家康と千姫から呼ばれ、千姫救出の際に援護をしたというウソの功績を評価される。ウソをついて鬼千代に功績を与えた千姫の目的とは……!?
斬殺者(6)
徳川家康より召された柳生宗矩は、傍らに座る宮本武蔵を見て愕然とする。以前、豊臣方の生き残りに殺されそうになった家康を救った武蔵をニセモノだといった宗矩に対し、武蔵は対決を願い出ていたのだ。武蔵対宗矩、どちらが強いのか!?一方、千姫を肉欲で虜にした無門鬼千代、キリシタン弾圧で危機に陥ったロザリアお吟、彼らに待ち受ける運命とは……!?愛と感動のクライマックスを迎える完結巻!
また読みたい
フォロー