僕らはみんな河合荘

僕らはみんな河合荘

親の転勤により、念願の一人暮らしをする事になった高校生・宇佐。しかも下宿先の「河合荘」には、憧れの先輩も住んでいて!?…なんて展開なのにどこかしら“残念”な住人たちに邪魔されてちっともトキメけない一つ屋根の下ラブ!
マンガで分かる心療内科

マンガで分かる心療内科

●鬱の人にもっともやってはダメな事は何かご存知ですか?◆はい。それは「背負い投げ」です。●……違います。◆じゃあ、巴投げ?●……全然違いますッ!!正解は……『励ますこと』です。◆励ます事が正解か。よし、じゃあ励ましてあげよう。●違う!励ますのが正解だから、励ますのが間違いなんだ!……って、ややこしいわ!◎▲★……現役の精神科医による、心療内科の病気の全てを笑いながら学べる漫画の本!ベストセラー「おとなの1ページ心理学」シリーズに続いて、ゆうきゆう先生/ソウ先生コンビが放つ、とってもオモシロくて世の中のタメになるスーパー漫画です。
ラブひな

ラブひな

幼いころに好きな女の子と交わした約束を守るため、大バカながらも東大目指して2浪中の景太郎(けいたろう)。実家を追い出され祖母の旅館に逃げ込んだ――つもりが、かわいい女の子5人が暮らす女子寮“ひなた荘”の管理人に! 受験も恋も嵐の予感!? 『魔法先生ネギま!』『UQ HOLDER』赤松健の、ラッキースケベ満載ラブコメワールド!
ジゼル・アラン

ジゼル・アラン

20世紀初頭、ヨーロッパ。主人公の少女の名は、ジゼル・アラン。アパートの大家をしているジゼルが、ある日“何でも屋”を開業。店子のエリックを助手に、さまざまな依頼をこなしていくものの、お嬢様育ちで好奇心旺盛なジゼルは、何かと暴走しがちで――。無理矢理仕事を手伝わされるエリックをはじめ、個性豊かなアパートの住人たちを巻き込んで、ジゼルお嬢様の可憐で、危なっかしい活躍が始まる。笠井スイの人気作、待望の電子書籍化!
広告会社、男子寮のおかずくん

広告会社、男子寮のおかずくん

超多忙な広告マン、営業の西尾、マーケティングの東良、制作の北、経理の南郷たち。同じ男子寮に入居している4人の唯一の癒しの時間、それは…「料理」!!! 仕事の愚痴が盛り上がり、わいわい楽しい同僚との深夜めし。金曜の夜の持ち寄りご飯で、彼らが作る美味しいレシピとは…?
チェーザレ 破壊の創造者

チェーザレ 破壊の創造者

「私の母は娼婦――そして父は怪物だ」15世紀のイタリア、ルネッサンス時代。現代政治学の祖・マキァヴェッリに「理想の君主」とまで謳われながら、歴史の闇に葬られた英雄チェザーレ・ボルジア。争いに向かおうとする不穏な時代に、全ヨーロッパ統一という野望を抱いた男の戦いの物語。本邦未訳『サチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝』(イタリア語原書)を精査し惣領冬実が描く、華麗なるルネッサンス絵巻!
1122

1122

妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。『にこたま』の渡辺ペコが描く最新作は、結婚の嘘と真実。結婚したい人もしたくない人も――「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!
わくらばん

わくらばん

進学のため上京した主人公が選んだボロアパートの住人は美女がいっぱい!ドタバタあり、笑いあり、たまには涙ありのゆる~い生活がはじまります!『ハニカム』の桂明日香が描く、ゆるふわ日常萌えストーリー。
みえるひと

みえるひと

この世には霊が存在する。彼らは生者には見えず、触れられない。その男明神は、霊と交渉し、時に排除する「案内屋」兼アパート「うたかた荘」の管理人。怖がり少女、ヒメノと出会い…!?衝撃のサスペンス&アクションが今、幕を開ける!!
ものの歩

ものの歩

要領が悪く、周りから否定され続けてきた高校一年生・高良信歩。彼の引っ越した下宿先は、なんと“将棋のプロ”を目指す人達が暮らす場所だった。将棋に触れ、楽しさを見つけた信歩が歩む、全力青春将棋譚開幕!!

いまなら無料で読める

人気のクチコミ

もっとみる

オススメのクチコミ

たか
たか
2019/02/08
男女混合オメガバース!名門一族後継争い
 馬宮の『きれいなディオ様感』がいい。やはり顔の良い貧しい生まれの男が成り上がる物語は最高ですね…! 丸木戸マキ先生のレトロな絵柄と、昭和の旧華族やら上流階級っぽい世界観がマッチしてて雰囲気が素晴らしい!  子どもを生むことができない「メガエラ」として蔑まれている主人公・犀門が、愛する夫の第一婦人の座に戻るために他人を利用していくさまに痺れた。 やはり愛憎と権力欲のドロドロは、ハズレのない面白さ。 馬宮とともに、日本有数の名家を欺く…それは日本の社会システムを覆すことそのもので震える…!  世界観が古めかしいのに、ときどき言葉遣いが現代すぎるところが個人的にすこし気になったけど、ストーリーがおもしろいのでオッケーです!  いつもBLを読みつつ、「オメガバースに女性のαとかΩとか出てくれば面白いのに、なんで出てこないんだ?」と思っていましたが、よく考えれば女性にたくさん焦点が当たってしまうとBLじゃなくなってしまう!!…そりゃそうだ。 作者いわく、この作品はBLではなく『BLみあるドラマティックな少女漫画』とのこと。 (なおこちらのクチコミで知った、杉山美和子先生の『Bite Maker ~王様のΩ~』も女性が登場するとのことで気になっていますがまだ読んでません https://manba.co.jp/topics/16353)  萩尾望都、古屋兎丸作品が好きな人はハマると思うので、ぜひ読んでください。