icon_reread
また読みたい
フォロー
クリスティ・ロンドンマッシブ 1
ホームズの姪クリスティ。インドからの暗殺団によって家が燃やされてから6年。あいかわらずロンドンの街を駆け巡る彼女の耳に入った事件は、謎の連続不審死。その因果に懸念を抱いたクリスティとホームズはそれぞれ調査に入る。謎の鍵を握るのは……「ロシアの老婆」。ホームズ正典に名前だけ記された「ロシアの老婆事件」を新谷かおるが描き出す。新たなメイドたちを引き連れてクリスティの新しい冒険が始まる!
クリスティ・ロンドンマッシブ 2
ホームズの姪クリスティがふとした時に出会った謎の紳士はモリアーティと名乗った。平然と悪すら肯定するその哲学に、妙な魅力を感じるクリスティ。舞踏会の後、彼女が耳にしたのは女王陛下暗殺の情報と、海外での爆破事件。2つの事件は「黒のゼウス」のキーワードで繋がって行く。そしてクリスティとモリアーティーは協力してこの事件と対峙することに!
クリスティ・ロンドンマッシブ 3
ポーカーで大負けした貴族・レイトン卿が自殺した。たまたま事件を聞きつけたクリスティは、そこに事件の臭いを嗅ぎ取る。一方、レイトン卿と最後にポーカーをしたアップウッド大佐がモリアーティーを訪ね……!?
クリスティ・ロンドンマッシブ 4
クリスティ不在のホープ家に、異国の言葉を話す双児の美少女が迷いこんだ。デクスターが銃撃され、さらにはモリアーティ教授も巻き込み、事件はある陰謀へと繋がっていき……!
クリスティ・ロンドンマッシブ 5
連続して起きた、宝石がらみの二つの殺人事件。犯人の鍵を握るのは“指の紋様”……!? 科学捜査の革命となる指紋に、クリスティはどんな未来を見る……? 名探偵ホームズの姪クリスティの冒険譚、堂々完結!!