ラブひな(11)
何と、主人公の景太郎が物語から一旦退場。代わりに妹の浦島可奈子が登場し、女だらけのドタバタHギャグが展開される。 「メイド服」や「妹」など、当時最先端の萌え要素が次々と投入され話題となった。
ラブひな(12)
景太郎が海外から帰還し、可奈子vs成瀬川の紛争が佳境に。 気持ちの明言を避ける成瀬川を追って、景太郎や住人達が激しいチェイスを繰り広げる。
ラブひな(13)
ひなた婆さんが帰ってくる! 婆さんが帰ってくる一週間後までに、景太郎が結婚相手を見つけることに・・?! 舞台はとうとうモルモル王国へ。
ラブひな(14)
「2人で一緒に行けば幸せになれる」という約束のあの場所に、成瀬川と景太郎がようやく2人でたどり着く。そこで起こる最後の波乱とは。 初期ハーレムラブコメの金字塔、いよいよ最終巻。
また読みたい
フォロー