ブラック・ジャック(1)(少年チャンピオン・コミックス)
日本人である以外、素性も名前も分からない天才外科医・ブラック・ジャック。その手術の腕は神業とさえ呼ばれている……無免許ながらも天才的な腕を持つ外科医・ブラック・ジャックの衝撃的なデビュー作「医者はどこだ!」、不良少年ベンが恋した少女・ミユキはガンに侵されており…「ミユキとベン」他、8編を収録。
ブラック・ジャック(2)(少年チャンピオン・コミックス)
ブラック・ジャックのもとに顔を隠して訪れた女性の腹には、人体のかけらが腫瘍となって詰まった「畸形嚢腫」が出来ていた。切除しようとすると嚢腫はテレパシーで抵抗し…(「畸形嚢腫」)、ある雪の夜にやってきた姉妹が運び込んだ母親は影も形もなく…(「雪の夜ばなし」)他、9編を収録。
ブラック・ジャック(3)(少年チャンピオン・コミックス)
カイナン民主共和国の大統領の手術を頼まれたB・J。大統領の回復を望まないテロリストたちがピノコを誘拐した! (「誘拐」)、かつて自分を救った医師・本間丈太郎から、奇妙なさやに包まれたメスが届いた。届け物の真意を聞くためにB・Jは本間医師を訪ねるが…(「ときには真珠のように」)他、10編を収録。
ブラック・ジャック(4)(少年チャンピオン・コミックス)
公害・晦日市病に侵された娘・ヨーコに出会ったB・J。身寄りもなく、知的障害を持った彼女は、満足な保障も受けられずに貧しい暮らしを続けていた。(「しずむ女」)、一つの身体を二つの顔と脳で共有しているシャム双生児・ジャンの手術を請け負ったB・J。困難なオペを乗り切り、切除された脳の生存も成功させるが…(「2人のジャン」)他、10編を収録。
ブラック・ジャック(5)(少年チャンピオン・コミックス)
ある日、B・Jのもとに横浜から一本の電話が。如月と名乗るその人物の正体は…(「めぐり会い」)、顔中にできものの出来た男がB・Jを訪ねてきた。彼が言うには、顔のできものは人面瘡だというのだが…(「人面瘡」)他、9編を収録。
ブラック・ジャック(6)(少年チャンピオン・コミックス)
立派な洋館に招かれたB・J。女主人が「治してほしい」という患者は、全身ひどいやけどを負い、地下室に閉じ込められていた…(「灰色の館」)、かつての師・戸隠医師に呼ばれてアフリカを訪れたB・Jは、そこで体が縮む難病の治療に挑む(「ちぢむ!!」)他、10編を収録。
ブラック・ジャック(7)(少年チャンピオン・コミックス)
ピノコの友達の男の子は、内臓がすべて反転している、内臓全転位症だった。お腹が痛いという彼の手術に挑むB・Jだが…(「ピノコ・ラブストーリー」)、頑固者のおばあちゃんがたびたびせびるお小遣いは、いったいなにに使われているのか? 息子が行く先を突き止めたところ、そこは…(「おばあちゃん」)他、10編を収録。
ブラック・ジャック(8)(少年チャンピオン・コミックス)
B・Jの乗った飛行機が事故に遭い、北極付近の雪原に不時着した。同乗していた名ヴァイオリニスト・モロゾフ氏は、他の乗客と共に避難する際に、持ち出したストラディバリウスを紛失してしまい…(「ストラディバリウス」)、日本医師連盟に呼び出されたB・J。国家試験を受けて医師免許を取れ、という連盟に反発したB・Jは逮捕されてしまう。(「報復」)他、10編を収録。
ブラック・ジャック(9)(少年チャンピオン・コミックス)
トラック事故で入院中の半身不随の女性は、ドクター・キリコに安楽死を依頼していた。一方彼女の子どもたちはB・Jに手術を依頼しており…(「ふたりの黒い医者」)、核兵器の実験の犠牲になりながらも、一命を取り留めた画家に頼まれ、全身を入れ替える手術を施したB・J。画家は見事に回復したが…(「絵が死んでいる!」)他、10編を収録。
ブラック・ジャック(10)(少年チャンピオン・コミックス)
寂しい街の片隅にピノコそっくりの少女を見かけたB・J。彼女は深刻な公害病に侵されていた…(「ふたりのピノコ」)、オーストラリアの農場主・レヤード氏に治療を頼まれて訪れたところ、一家は病気でとっくに全滅していた。その帰り足、B・Jにもレヤード氏と同じ症状があらわれ…(「ディンゴ」)他、8編を収録。
また読みたい
フォロー