あらすじ

妻だって、嫁だって、女としての癒しの時間が必要なんです―。谷山美津子、38歳。お見合い結婚3年目。夫が私を、義母の介護の担い手としか、見ていなくても、家族には変わりない。そう思おうとしました。でも私、知らなかったんです。男性に言われて、こんなに嬉しい言葉があるなんて―。