09/25(水)に8巻が発売!
また読みたい
フォロー
妻だって、嫁だって、女としての癒しの時間が必要なんです―。谷山美津子、38歳。お見合い結婚3年目。この春から義母の介護をしています。義母は時々辛辣だけど、これも嫁の務め、そう思ってきました。でも、ある日夫のポケットから出てきたものを見て、私は―。
妻だって、嫁だって、女としての癒しの時間が必要なんです―。谷山美津子、38歳。お見合い結婚3年目。夫には感謝しています。介護中の義母は時々辛辣だけど、これも嫁の務め、そう思ってきました。でも、家族の本音を知ってしまった私はあの男(ひと)に出会いました。でも、これは一晩だけのことだと思っていたのに…。
妻だって、嫁だって、女としての癒しの時間が必要なんです―。谷山美津子、38歳。お見合い結婚3年目。夫が私を、義母の介護の担い手としか、見ていなくても、家族には変わりない。そう思おうとしました。でも、一晩きりの出会いだと思っていたあの男(ひと)が、まさか私たちの家にやってくるなんて…。
妻だって、嫁だって、女としての癒しの時間が必要なんです―。谷山美津子、38歳。お見合い結婚3年目。夫が私を、義母の介護の担い手としか、見ていなくても、家族には変わりない。そう思おうとしました。でも私、知らなかったんです。男性に言われて、こんなに嬉しい言葉があるなんて―。
妻だって、嫁だって、女としての癒しの時間が必要なんです―。「美津子さんのこと、ずっと見てました」。そんなことを言ってくれる人がいるなんて。自分を見てもらえることが、こんなに嬉しいなんて初めて知りました。でも、そうしたら、もっと見てもらいたくなりました。そんなとき、「一時間だけ会いませんか?」という彼の誘いに…。
夫以外の男性を好きになるのは、やっぱりイケナイことでしょうかー。義母の介護の息抜きにと誘ってもらったひと時。あんなに楽しい時間は、本当に久しぶりだったんです。だから、来週の水曜日午後3時、また会えるのを待ち遠しく思ってもいいでしょうかー?
夫以外の男性を好きになるのは、やっぱりイケナイことでしょうか―。夫から関心を示されなくても、義母からつらく当たられても、あの人との楽しい時間さえあれば、こんなに毎日は心躍るものになるのだ。そう思っていた、あの時まではー…。