また読みたい
フォロー
『黎明のアルカナ』の世界を継ぐ、本格ファンタジー! 人間と獣の特性を持ち、人から虐げられる“亜人”の少女・藍月(らんげつ)。弟を無残に殺された挙げ句、幼くして人間の男に犯され、仕えさせられ… そんな運命に抗うため、弟の敵を討つため、彼女は女を棄て―― 美しき最強の武人として成長する! 皇子の“従獣”として皇宮に参内した藍月は、弟の敵と言われる皇子・天耀(てんよう)の傍らで微笑む… 「この地獄のような世界で… まだ喜びに震えることができる。この男を殺せる… 待ち望んだ機会に――!」男装の麗人ヒロインが、皇宮の闇に挑む――!?
弟の敵を討つため、第四皇子・天耀の従獣として皇宮に参内した藍月。異能が無いという例外、華奢な外見―― しかしそんな藍月の意外な強さは、名だたる護衛をも圧倒。すぐに天耀にもその実力を認められる―― 女であることを隠したまま。藍月たち“亜人”を蔑む皇帝、藍月の弟を嘲る第二皇子… こんな奴等に、“僕”は絶対に屈しない――!! そんな中、刺客に襲われる藍月を、なぜか皇子・天耀が庇って!? 深まる皇宮の陰謀に、男装の麗人ヒロインがたった一人、立ち向かう――! 『黎明のアルカナ』の世界を継ぐ、本格異世界×人外ファンタジー!
人間が“亜人”を支配する異世界の国―― その第四皇子・天耀に仕える獣となった藍月。敵襲の翌日、藍月が傷つかなかったかと気遣う天耀。人間と違って治癒能力が高いですから、お気遣いなく。(というか、僕は本当は女だから、そんなに顔を寄せないで欲しい…) そんな藍月に、皇子護衛・太博が与えた指令は―― 温泉の掃除!? 亜人の身体能力にとっては気楽に思えるこの任務… 実は裏が!? 皇子護衛VS皇子従獣!? 『黎明のアルカナ』の世界を継ぐ、本格異世界×人外ファンタジー!
「ここは皇族の浴場だが――獣が水浴びか?」温泉掃除の任務中、第三皇子の従獣に襲われた藍月。そこへ天耀が駆けつけ… 藍月、怪我などしていないか? おや、その胸の包帯は…? 女であることがバレてはいけない! …皇子さま、あなたは全然わかっていない。所詮皇族ですね。僕の命は復讐のためのもの… そんな僕を心配するなど、あってはならない――! 藍月の哀しい生き方に、天耀は…!? そして、明かされる、天耀の抱える過去のトラウマ――! 皇宮異世界ファンタジー!
天耀に連れられ、藍月が訪れたのは―― 雅を愛する第二皇子・麗雲(れいうん)の宮! 美しく、異能のない身で武勲を立てた藍月に興味津々の麗雲。(うっとうしい…)「なぁ天耀。従獣同士を競わせてみないか?」麗雲のまさかの提案に、「いいですよ、兄上」なぜか賛成する天耀。あんなに僕が傷つくことを嫌っていたのに… あの甘ちゃんの皇子様が… もしかして、怒ってます――? 優しさと気高さを備えた皇子・天耀には驚きの計画が――!!
天耀に「命を預ける」とまで言われた藍月。だけど… このクソみたいな世界で、皇族のあんたを―― 何を信じろって言うんだよ! 駆け出す藍月。必死に追う天耀。亜人に敵うはずなどないのに―― バカな皇子。でも… それ以上に、きっと、優しい皇子… 縮まる二人の距離は…!
美しくて、気高くて、優しくて… こんな皇族に、僕は出会ったことがない… こんな手の温もりを、獣と蔑まれてきた僕は知らない… 天耀に心打たれた藍月。そんな中、藍月が女であることが、天耀護衛・太博にバレた!? 女の身で参内するなど許し難い… しかし、弱みも見せず、軽々と皇子を抱え… なんだこの女は…? 3人は温泉に湯治に行くことになるが…