あらすじ

「もうこんなに濡れてるよ。俺の指、そんなにキモチいい?」―仕事のストレス解消にと向かったマッサージサロン。イケメンの先生に施術してもらえることになって、ちょっと浮かれていたところ「お前、俺のこと覚えてないの?」って…。もしかして先生って同級生だったアイツー!? しかも「せっかくだから、特別にキモチよくしてやるよ」って、オイルでヌルヌルの手で体中を撫でられて…。え、今、指先が胸の先っぽに触れ…た!? 気のせい…?と思ったけど、さらにもっと際どいところを刺激されちゃって―!? こ、これってホントにマッサージ? こんなに甘い手つきで弄られたら…奥からトロトロあふれて、ガマンできなくなっちゃうよ…!