また読みたい
フォロー
「もうこんなに濡らして…ほんと、ビンカンね」指や舌でカラダ中を愛撫されて、トロトロにとろけたアソコ。一番敏感なところを弄られたら、お腹の奥がキュンキュンうずいて…もう止まらないよぉ…! 幼なじみの亮ちゃんのことをずっと思い続けてきた朔。だけど、ひょんなことから再会した彼は、なんとオネエになっていて…?! なんでこんな風になっちゃったのって問い詰めたら「じゃ、男に戻ってやろうか?」っていきなり押し倒してきて…。それからはオネエな彼にゴーインに迫られまくり!「アンタのこと好きよ?だから…今夜もエッチしよ?」