icon_reread
また読みたい
フォロー
味いちもんめ(31)
回転寿司が大流行のこの頃、でも伊橋は「あんなものは寿司屋じゃない」と言ってはばからない。そんなある日、『藤村』に天プラばかりを注文し、何を話し掛けても「放っておいてくれ」という客が現れる。そのお客に文句を言う伊橋を、親父さんは食事に誘う。でも親父さんが伊橋を連れて行ったのは、回転寿司屋だった。その目的は…。
味いちもんめ(32)
伊橋のもとに、京都の料亭「花家」に勤める清から電話がかかってくる。なにやら切羽詰まった様子で、「花家」を辞めることになるかもしれない、相談したいことがあると言う。追い回し時代、一緒に修業をしたこともある清の言葉に、伊橋はすぐ京都へ向かう。相談というのは、清の母親が一人でやっている田舎の食堂のことで…。
味いちもんめ(33)
『藤村』に、ある田舎ホテルから助っ人の依頼が舞いこみ、伊橋と東がでかけることになった。そのホテルに着いた伊橋は、料理の献立を見てビックリする。刺身、ステーキ、酢豚など、和洋中ごちゃまぜだったのだ。「バラエティーに富んでいるほうが客受けがいいから」というのがその理由なのだが、伊橋はどうも気にくわなくて…。