八百夜(1)
トオワの国は、王が国中の女を虐殺したと噂される血塗られた国。そこにある日、謎の男がやってくる。山賊だと疑われた男は運悪く流れ弾に当たって死んだ。――が、なぜかほどなく生き返る。驚き騒ぐ人々の前で、飄々と男は自らを不老不死だと言い出し……。名手・那州雪絵が紡ぐ、新たなる物語の幕があがる――!!
八百夜(2)
それを見破ったのは、不老不死の語り部・ヤオ。ヤオの荒唐無稽な話に夢中になり、寝所から外へ出たアケトが出会ったのは、屋敷の外の世界と、そのまたむこうに広がる空。そして、物静かな家庭教師・ケイトや、荒っぽい防人・タザ、トオワを取り仕切ってきた大人たちだった……。名手・那州雪絵が描く、幼い王と、謎の語り部の物語、第二巻!
八百夜(3)
不死の語り部・ヤオの出現によって健やかに成長し始めたトオワ王・アケト。その世話係として新たに迎えられたのは、山の郷の娘・リカだった。彼女を推したタザとリカには過去の因縁があり……? さらにその頃、謎の集団がトオワに侵入し、おとなたちそれぞれの思惑も蠢きだす――!! 那州雪絵が描く、幼い王・アケトと仲間たちの物語、第三弾!!
また読みたい
フォロー